いちごの栄養と効能|吸収率も上げよう

いちごのポリフェノールとキシリトールの効果をスロージューサーで吸収率アップ

ビタミンCが豊富なだけじゃない。目にも歯にもいい効能をもつ栄養があるいちごを食べよう。
いちごの画像
イチゴを摂取するなら、食べるよりジュースで飲む方が、栄養の吸収率が上がるので、機能の高いジューサー、スロージューサーなどを使い、苺の栄養と効能を最大量摂取できるようにするのがおすすめ。

 

いちごの栄養と効能

 

いちごにはまずビタミンCが多めに入っています。
ビタミンCには抗酸化作用と免疫力向上の効果が期待できます。

 

またいちごには、ポリフェノールとしてアントシアニンがあります。

 

 

いちごのポリフェノールのアントシアニンの効能

いちごの画像2

 

いちごに含まれるポリフェノールのアントシアニンには、強い抗酸化力と目にとても良い効能があります。

 

目の疲労である眼精疲労や眼病の予防に効果があると言われています。
また花粉症の予防や、肥満を予防する効果もあるとされていて、様々な効能が期待できます。

 

いちごには他にも、キシリトールが含まれています。

 

 

いちごのキシリトールで虫歯予防をしよう

 

いちごに含まれているキシリトールという栄養は、ガムなどでご存じの方もいらっしゃると思いますが、歯に良い効果をもたらします。
キシリトールで歯を丈夫にするのを助けたり、虫歯を予防する効果が期待できます。

 

キシリトール入りのガムを食べても摂取することはできますが、他のビタミンCやアントシアニンと一緒に取れることを考えると、いちごからキシリトールを摂取した方が、お金も余分にかからずに経済的なのでおすすめです。

 

 

栄養の吸収率を考えると、ジュースで摂取した方が、よりいちごの栄養を吸収できる。

 

果物や野菜の栄養は、食べて摂取するよりもジュースにしてつまりすりつぶして飲んだ方が、栄養の吸収率が全く違います。
おすすめはスロージューサーを使ったいちごジュースです。

 

質の良いスロージューサーだと、栄養を破壊しないでジュースにできるので、栄養を損なわずに、吸収率を上げることができるからです。

 

なるべく栄養を取れるようにスロージューサーなどを利用して、せっかくのイチゴのアントシアニン、キシリトール、ビタミンCを最大量で摂取して健康な毎日を送りましょう。