みかんの栄養と効能、スロージューサーで皮の栄養を

みかんの皮は漢方になるほどの栄養があるので、スロージューサーで摂取しよう

みかんの筋と皮を食べて、健康になる。皮の栄養を取るために、スロージューサーを使おう
みかんの画像

 

みかんの栄養と効能

みかんの栄養で代表的なものといえば、ビタミンCです。

 

基本的である栄養ですが、毎日ちゃんと取っているのといないのとでは、健康に差がでます。
免疫力、疲労回復と日々の健康に関係する栄養なので、みかんからでなくてもビタミンCは毎日摂取したい栄養です。

 

みかんにはビタミンC以外にも、病気を防ぐ効果をもたらす大事な栄養があります。
一つ一つ見てみましょう。

 

みかんのポリフェノールのヘスペリジンで血管と脂肪に良い影響を

 

みかんにはヘスペリジンというポリフェノールが入っています。

 

ヘスペリジンには毛細血管を強くしたり、中性脂肪を減らしたりする効果があると言われています。
血圧を下げる効果もあるので、高血圧、に中性脂肪を落とす効果で生活習慣病対策ができます。

 

また結核の予防にもなると言われています。

 

ビタミンCの働きを助ける効果もあるので、みかんを食べれば、ビタミンCとヘスペリジンの両方を同時に取れますから、ビタミンCの効果を十二分に発揮でき、免疫力強化、疲労回復を強化することが期待できます。

 

あらゆる病気の予防にみかんポリフェノールのヘスペリジンに頼りましょう。

 

 

みかんのカロテノイドのβクリプトキサンチンでさらに病気の予防対策ができる

 

みかんに含まれるβクリプトキサンチンという栄養があります。

 

抗酸化作用が有り、免疫力を強める働きと、発癌を抑制する作用があると言われています。
また糖尿病や骨粗鬆症にも効果があると言われています。

 

あらゆる病気の予防にβクリプトキサンチンで予防効果を高めましょう。

 

 

みかんの皮の食物繊維ペクチンで血糖値とコレステロールと腸を整える

みかんの皮の画像

 

みかんの皮に含まれるペクチンという食物繊維には、整腸作用や血糖値が上がるのを防いだり、コレステロールを下げる働きがあると言われています。
実だけ食べるのではなく、薄皮や筋も一緒に食べるようにしましょう。

 

 

みかんの皮は栄養豊富で、漢方にもなるほど是非摂取しよう

 

みかんのヘスペリジンにβクリプトキサンチンにペクチンの栄養を紹介しましたが、これらの栄養が一番豊富にあるところが、皮の部分です。
みかんの皮は栄養が豊富で、陳皮という漢方にもなっているほどです。

 

みかんの皮から作られた漢方の陳皮には、血流の改善による体温の上昇に、肝臓の機能の上昇、さらに胃腸の機能の上昇にも効果があると言われています。

 

漢方にもなっているほどの栄養のある皮をむいて捨ててしまうのは、健康面で考えると大変もったいない事です。

 

ですがみかんの皮は、むいて捨てる方がむしろあたりまえ、ほとんどの人が皮をむいて捨てて実を食べています。
硬くて食べられそうもないから仕方のないことだと思います。

 

 

食べにくいみかんの皮は、スロージューサーですりつぶし、ジュースにして飲む

 

みかんの皮を簡単に摂取する方法としては、

  • 先ほど紹介した漢方の陳皮を習慣的に取るようにするのが1つ
  • 皮を煮て柔らかくして食べるのが1つ
  • ジュースにしてすりおろした状態で飲むのが1つ

 

一番手軽なのは、漢方で取る事だと思いますが、おすすめはジュースにして飲むことです。
スロージューサーですりつぶせば、新鮮なみかんを栄養をほとんど損なわずに、皮や実をジュースに変えて摂取することができます。

 

また他の果物や野菜も入れることによって、みかんに足りない栄養も一度に摂取するジュースを作ることができるので、あなたに必要な栄養を詰めたジュースを作ることもできます。

 

性能の高いスロージューサーを使って、みかんの皮も含んだジュースを作りましょう。