リンゴのポリフェノールとペクチンの栄養が癌と血液に効果大

一日一個のりんごは、医者を遠ざけるということわざがあるように、リンゴは栄養価が高く、毎日取ってもらいたい食品の1つです。

 

リンゴにはどのような栄養があって、どんな効能があるのかを見ていきましょう。

 

リンゴの栄養、ポリフェノールは他のポリフェノールと比べても上位

りんご
リンゴはポリフェノールが含まれています。

 

リンゴポリフェノールは他のポリフェノールと比べて強い抗酸化力を持っています。

 

効能としては

  • 抗酸化力
  • 血液をサラサラにする
  • 内臓脂肪を減らす
  • 抗がん作用
  • 老化防止

があげられます。

 

がん対策をしながら、肥満対策も、アンチエイジングもできるという、健康、美容両方に役立つ栄養がリンゴポリフェノールです。

 

リンゴに含まれるペクチンという食物繊維、これもがん対策、血液サラサラに

りんごの栄養
リンゴにはポリフェノールの他に、アップルペクチンという食物繊維が含まれています。

 

このアップルペクチンには

 

腸内の善玉菌を増やして、大腸がんの発生を抑える働きがあると言われています。

 

また血液をサラサラにする効果があります。

 

リンゴポリフェノールと一緒にがん対策、血流の改善にダブルの効果の期待が持てます。

 

リンゴはビタミンにミネラルの栄養補給にも優秀

 

リンゴにはビタミンCとミネラルのカリウムも豊富に含まれています。

 

基本的なビタミンとミネラルに加えて、リンゴからしか取れない、リンゴポリフェノールに、アップルペクチンまであるのならば、

 

一日一個のリンゴが医者を遠ざけるのもうなずけます。

 

リンゴのポリフェノールとペクチンは皮にたくさんはいっている

りんごの皮
肝心な栄養は、皮に豊富に含まれています。

 

皮ごと摂取するようにして、リンゴポリフェノールとアップルペクチンをたくさん摂取しましょう。

 

リンゴの皮は薄く柔らかいので、そんなに食べるのに苦ではないですね。

 

実の部分がむしろ固めです。

 

みかん、バナナ、ぶどうなど代表的な果物と比べると硬いです。

 

食べられる方には問題ないですが、食べにくい場合は、切って何等分かにわけて1日で少しずつ食べていくのも良いと思います。

 

食べるよりもリンゴジュースに調理して飲む方がおすすめ

朝に食べていて、食べている暇がない方や、朝からおなかに受け付けない方は、ジュースにするのがお勧めです。

 

ジュースに調理して一気に飲んでも良いですし、水筒に入れて持っていくのも良いと思います。

 

水筒に入れれば、少しずつ飲めるし、一杯分のお金が浮きますし良い事だらけです。

 

また皮を食べるのに抵抗がある方にもジュースにすれば、飲めばいいだけですから楽です。

 

スロージューサーなどのジュースにする際に栄養を逃さず搾り取れる方法で、皮の栄養をしっかりと取りましょう。

 

また酵素をしっかりと取りたいのであれば、高速のジューサーよりもスロージューサーの方がおすすめです。

 

りんごが丸ごと入る大きな口のスロージューサーもあり簡単でおすすめです。