レモンの栄養を取るにはスロージューサーが必須

レモンの皮にあるビタミンとポリフェノールは見逃せない

レモンといえばビタミンCやクエン酸が有名な栄養です。

 

酸っぱいレモンの酸っぱいのはクエン酸という酸で、疲労の回復やストレスの解消に役に立ちます。
レモン
レモンに含まれるビタミンCは代表的なビタミンで、疲労の回復や抗ストレス、免疫力の向上や活性酸素を分解する抗酸化作用もある基本的な栄養です。
1日に必要なビタミンC量は100mgですが、レモン1個にはほぼ100mg入っているので、1つ食べれば1日分の最低限のビタミンCは足りてしまいます。

 

ただとても酸っぱいので、毎日食べるよりは、他のフルーツと混ぜて、ジュースにして飲んだ方が摂取しやすいです。

 

 

レモンのビタミンCにポリフェノールは皮にたくさん入っている

レモンの皮
またビタミンCは特にに豊富に含まれているので、皮をむいて実だけ食べたり、おかずなどにレモン汁を絞って摂取しているだけでは、レモンの栄養を充分に摂取できていません。

 

また皮にはポリフェノールも豊富に含まれています。ポリフェノールには抗酸化作用があるので、抗酸化作用目的で、ビタミンCを取るという方には、ついでに皮に豊富に含まれているポリフェノールも一緒にとって、抗酸化パワーを強めましょう。

 

 

皮はミキサーや高速ジューサーでも削れるが、スロージューサーの方が栄養を取れる

 

 

皮は削りとって食べても良いのですが、スロージューサーで低速ですりつぶすことによって、栄養や酵素を破壊せずに摂取することができるので、おすすめです。

 

酸っぱいレモンだけで飲みにくくなるのを防ぐために他の果物も入れてミックスジュースを作ることもできます。

 

他の果物も、レモン同様皮に多くの栄養が詰まっている場合が多いので、ジューサーで搾り取って飲む習慣をつけることによって、毎日の栄養の摂取量に差がでます。