H2HはHHよりどこが優れているのか

ヒューロムH2HとヒューロムHHの違い、H2Hがどれだけすごいかがわかるページ

ヒューロムH2Hから大きく変わったところがわかる

 

最新のH2Hと一個前のHHの機能などの違いを調べてまとめました。

 

 

ヒューロムH2Hの方がHHよりジュースの量が多い

 

取れるジュースの量が違う

 

ジューサーとして大事なジュースの量つまり搾汁量が違います。

 

公式ホームページでは

 

ヒューロムHHが200g絞れたのに対して、ヒューロムH2Hは238gも搾汁できました。

 

38グラムも多いですね。

 

ジュースの量が多くて「やったー」というだけではありません。

 

量が多いという事は当然取れる栄養の量も多くなるという事です。

 

つまりヒューロムH2Hの方がHHよりジュースの量と栄養が多くとれるという事です。

 

一回だと38グラムの差でも、ずっと続けていくと、一年後、二年後と大きな栄養の摂取量の大きな差になっていきます。

 

 

ヒューロムH2Hの方が繊維の量が少ない

 

繊維の量が違う

 

同じ量の野菜や果物をすりつぶしても、H2Hの方がジュースの量が多いという事は、それだけしっかりとすりつぶしているという事です。

 

それは繊維のようにすりつぶしにくい物にも影響があります。

 

公式ホームページでは、

 

ヒューロムHHが繊維を15g残すところ

 

ヒューロムH2Hでは8gしか残しませんでした。

 

つまり同じものをすりつぶしても、ヒューロムH2Hの方が、約半分しか繊維を出さないという事です。

 

すりつぶしにくい繊維からもしっかり搾汁して、栄養も取っているからこその多い搾汁量という事ですね。

 

 

ヒューロムH2Hの方が音が小さい

 

作業音の大きさが違う

 

最後は音の大きさです。

 

音なんてあまり関係ないという方もいると思います。

 

でもご飯時に合わせて作る機械が多いジューサーは朝早くや夜に使う事もあるので、なるべく音が小さい方が周りの迷惑にならないので良いですよ。

 

ヒューロムHHが平均で62.5dBのところ

 

ヒューロムH2Hは56.2dBでした

 

・・・・

 

H2Hの方が音が小さいことは数字で分かりますが、どのくらい小さいのかがいまいちピンとこないと思います。

 

 

50くらいだと普段生活している環境のレベル

 

60くらいだと普通に会話している、掃除機の環境音レベル

 

だそうです。

 

ヒューロムHHとH2Hの音の差は6.3DBですが、H2Hの方が静かだとわかるくらいのレベルの差はありそうですね。

 

 

ヒューロムH2Hの方が搾汁に洗浄に便利な機能付き

 

H2Hの方が多機能で便利

 

単純にH2Hになって便利な機能が二つ追加されています。

 

一つ目は搾汁モード

 

このモードにすることによって、搾汁率を上げることができます。HHには無い機能です。

 

より多くのジュースを取りたい方には重要な機能ですね。

 

もう一つは洗浄モード

 

掃除ブラシとは別に洗浄モードも追加されていて、この機能を使うと今までより簡単に、残った繊維などを洗い流すことができます。

 

 

ヒューロムH2HとHHの値段の違い

 

値段はHHの方が安いしポイントも10倍

 

最後に値段で比べてみました。

 

H2Hが39,744円(税込)に対して、
HHは32,184円(税込)でポイントが10倍で2980ポイント

 

ポイント分も計算に入れたら、一万円ほど違います。

 

 

ヒューロムH2HとHHの違いのまとめ

 

以上の5つのポイントを見ると、値段はHHの方が安いが、性能は圧倒的にH2Hの方が優れていることがわかります。

 

少しだけとか、1つくらいの点だけお取っているのであれば、値段が安い前のHHの方を買えば、コスパが良いという事になるのでしょうが、これだけH2HがHHよりパワーアップしていると、値段が高くても、ちゃんとした方を選びたくなってしまいます。

 

搾汁量はH2Hの方が上なので、値段の差は、ジュースを絞って飲めば飲むほど、量の差で取り返すこともできるという考え方もできます。

 

 

 

進化したヒューロムH2Hを使って、音が静かで洗うのも簡単の使いやすい環境。
より多くの量と栄養を摂取し健康な毎日を送りましょう。