投入口が大きくて広いスロージューサーで簡単ジュースづくり

野菜や果物をまるごと入れたい投入口が大きいスロージューサーはこれ

大きい投入口だと、小さい果物や長細い野菜ならそのまま投入できる、便利なスロージューサーの中からおすすめを紹介

 

ここではスロージューサーの中でも、投入口、つまり食材を入れる所が大きくてなるべく野菜や果物をそのまま入れることができる物を紹介します。

 

そのまま入れることができれば事前に、入る大きさに食材を切るという事をする必要がなくなるのでジュースづくりが楽になります。

 

クビンスのホールスロージューサーは投入口が直径7.3センチもある

 

投入口が広くて大きいことで有名なスロージューサーといえば、クビンス製のホールスロージューサーが1番お勧めです。

 

直径が7.3センチととても広いからです。

 

実際にニンジンやオレンジをそのまま入れているところが、販売店のホームページなどで画像で公開されています。

 

他にも小松菜やゴーヤーなど、野菜の中で縦長の物をそのまま入れている画像がありました。

 

大根はありませんでした。さすがにあれは太すぎますね。

 

ただし大根のようなそのまま入れられない大きさであっても、投入口が大きいのでそんなに小さく切り分ける必要がないです。

 

リンゴはギリギリみたいで入るものと入らないものがあります。

 

切らずに調理できる食材だけを集めてジュースを作れば、切るためのまな板、包丁を用意、片づけの必要がなくなりグンと作るのが簡単になりますね。

 

切らずに入る食材だと、ニンジンと小松菜、トマトなどの野菜に、オレンジやバナナなどの果物など、他にも挙げられますが、これだけでも十分、ビタミン・ミネラルの補給にベータカロテン、リコピン、食物繊維も取れるので栄養効果が十分なジュースができそうですね。

 

投入口が広いとスロージューサーなのに早くジュースが作れる

 

切らずに入れられる食材だけでジュース作りをするようにすれば、簡単になり、スピードも上げることができます。

 

スロージューサーの搾汁スピードは名前のとおり、遅い。

 

ゆっくりすりつぶすことによって、酵素を壊さず、栄養をいっぱいとるためです。

 

なので他の作業の時間を短縮することで、ジュース作りを早めましょう。

 

 

投入口が広ければ、簡単に作れて毎日の習慣化に有効に

 

ニンジンをそのままスッポリとスロージューサーに入れることができる、クビンスホールスロージューサーなら、ニンジンジュースを目的に使っている方にとっては、毎日の調理が簡単になっていいですね。

 

生活習慣病やがん対策にニンジンジュースを作ることを目的にスロージューサーを購入する方も多いそうです。

 

どんなに良いスロージューサーによるジュース作りでも、めんどくさがって使わない日があったりするという事もあります。

 

となれば、なによりも大事な事は、やめないこと、使わない日を減らすことです。

 

毎日使う習慣化ができるかどうか

 

だからなるべく作りやすい、片づけやすいものがあると、毎日の健康習慣を目的にした方にとっては良いのではないのでしょうか?

 

 

番外編、より簡単に作りやすくする方法、事前準備

 

事前に準備をすることによって、ジュース作りの時間を分割したり、減らすこともできます。

 

ジュース作りの前に投入口に入るサイズに切って、作り置きしておく

 

一度に時間をかけて調理すると、時間がおしていたり、気力がなかったりするときに挫折することがあります。

 

なので、ジュース作りより前に先に、食材を投入口に入る大きさに切って、作り置きしておくというのが挫折しないで済む方法です。

 

特に朝の仕事前にジュース作りをしようと思っている方は、時間がない時に挫折しやすいと思います。

 

遅刻したくはないですから。

 

前日の寝る前に切っておけば、あとはジューサに投入すれば良いだけなので、作らない日が減ると思います。

 

また事前に切っておくことで、もうジュースを作らなければ、食材を捨てることになりもったいないという気持ちにもなるので、この気持ちも毎日の継続習慣の後押しをしてくれます。

 

 

投入口に入る大きさの食材を購入するようにする

 

ちょっと面倒くさいかもしれませんが、事前に投入口の大きさを記憶たり、両手で輪っかを作ったりして大きさを把握しておきます。

 

食材を購入するときに、その大きさ以下の物を選んで購入すれば、一度も切らずにジュースが作れます。

 

同じ食材でも、サイズ別で売っていたり、同サイズでも幅が違うので、しっかり測って購入することで対策できます。

 

ただしこの方法は、販売店で実際に食材を選べる場合しかできないので、ネットショップなどを利用して購入を考えている方にはできません。

 

 

他にも工夫して楽に、簡単に

 

他にも時間を短縮する方法を考えたりして、より簡単にすることで、投入口が広いという利点を最大限に活かせます。

 

ジュース作りの時間の短縮と簡単さを、投入口のひろいスロージューサーを使う事で実現して役立ててください。