ベータカロテンをたくさん取るために、スロージューサーのジュースで栄養を壊さずに取ろう

β-カロテンで抗酸化力、免疫力を高めて、様々な病気と闘おう。どうせなら一番栄養の取れる野菜から、スロージューサーで最大量取ろう。

 

βカロテンの効能のバナー画像

生活習慣病の対策にまずは、野菜ジュースから取れるβカロテンに注目

 

βカロテンは活性酸素を抑える抗酸化作用の効果があると言われています。これによって、活性酸素がもとでなる病気の予防ができると言われています。

 

活性酸素がもたらすと言われている生活習慣病には、ガンや心筋梗塞、アルツハイマー、脂肪肝、脳梗塞、糖尿病など恐ろしい病気ばかりです。

 

病気の素になる原因の一つである活性酸素を、βカロテンの抗酸化力で対抗しましょう。

 

免疫力を向上させて、風邪を引きにくく治しやすく

またβカロテンの効果は免疫力を高めるとも言われているので、免疫力事態を高めることで、様々な病気の対策になると思います。

 

免疫力を高める方法は体温を上げるとか、睡眠をしっかりとる、疲れを溜めないなど他にもあるので、栄養の摂取だけでなく、生活習慣の見直しも合わせて改善するようにすると効果が上がると思いますよ。

 

βカロテンが多く入っている野菜はどれ?

色々な良い効果が期待できる、βカロテンが特に多く含まれている野菜をまとめました。
野菜100gあたりに含まれる量

  • にんじん100gあたり9100μg
  • ホウレンソウ100gあたり4200μg
  • 小松菜100gあたり3100μg

です。にんじんが圧倒的なのでニンジンを使ってある食事を意識的に増やすように心がけると良いと思います。また他に摂取方法別に、栄養の吸収率や食べる部位にも違いがあります。

 

一番吸収でき、かつその食材のどこの部分を食べればよいのでしょうか?

 

野菜の皮ごと摂取して、ジュースにして飲むと良い

ニンジンの栄養を取る方法のバナー画像

 

食べるよりは、ジュースで飲む方が野菜の吸収率は高いと言われています。

 

野菜の部位は、丸ごと全て摂取すれば当然問題ないです。でも硬くて食べれない部分があったりすると、無理ですよね。

 

にんじんの場合は皮を捨てないで、料理に入れると良いです。

 

多くの野菜は皮の方にもたくさん栄養があるので、調理できるものであれば、皮を一緒に入れれば、少しでも栄養を摂取できるようになると思います。

 

おすすめの調理方法は、ジュースを作る機械やミキサーを使う事です。
皮などのかたい部分も簡単に飲みやすくすることができ、またジュースなので栄養の吸収率が高いです。

 

つまりジュースを作る機械を使えば、一番栄養の取れる部分を楽に、たくさん吸収できるという事です。

 

一番βカロテンの取れる野菜ジュースはスロージューサーで

ミキサーや高速のジューサーを使うよりは、スロージューサーを使ってニンジンジュースを作った方が、栄養が摂取できます。
理由は、低速ですりつぶすスロージューサーなら、酵素などの栄養を壊さずにジュースにすることができるからです。

 

さらに品質の良いスロージューサーを使えば搾汁率も高く、1度で多くのジュースを絞り出すことができるので、さらに摂取することができる栄養の量が増えます。

 

効率の良いやり方で、生活習慣病を防ぐ、改善するといわれている、βカロテンをたくさん取る生活を送りましょう。