リコピンの強い抗酸化力で、生活習慣病対策に大活躍

凄い栄養のリコピン効能と食材をまずは知ろう
リコピンの栄養のバナー画像

 

抗酸化の力でもリコピンはとても強くて病気の予防に良い

リコピンというトマトに含まれている代表的な栄養は、とても抗酸化力が強いと言われています。

 

どのくらい強うかというとビタミンEの100倍もあると言われています。βカロテンよりも強いと言われているので、スロージューサーでの野菜ジュースに是非組み込みたいです。

 

抗酸化作用のあるものを摂取することによって、酸化が元でなる病気のがんや糖尿病、動脈硬化などの生活習慣病の予防にも役立ちそうです。

 

美容にもリコピンは効果的で、抗酸化力がダイエットや美白の効果も期待できるそうです。

 

リコピンを含む食材はトマトと他にもある

リコピンと聞くとトマトが代表的です。ですがトマト以外にもリコピンが含まれる野菜があるので紹介します。

 

果物の

  • スイカ
  • ピンクグレープフルーツ

などにもリコピンがあります。身が赤い物に多く含まれているようですね。

 

どうせならほかの抗酸化力のある食材も追加してジュースで取ろう

リコピンは先ほど紹介したようにすごい抗酸化力がありますが、リコピンだけを取るよりも他の抗酸化力のある物も一緒に取りさらに効果を上げることをお勧めします。

 

栄養の充実を考えると抗酸化だけでなく、ビタミンやミネラルも必須です。

 

それらが含まれる食材をすべて食べるとお腹いっぱいになっても足りないので、ジュースにして飲むのがおすすめです。

 

またビタミンの中のβカロテンビタミンCも抗酸化力があるので、合わせて取る事によって効果アップを狙えます

 

ぶどうや紫色の食材に含まれているアントシアニンも抗酸化力があるので、これも合わせて取るメニューに加えるのがおすすめです。

 

これらが含まれている食材と、トマトなどのリコピンを含む食材を合わせて、ミックスジュースを作って毎日飲む習慣付けをすると良いと思います。

 

市販の野菜ジュースからリコピンを取る時も、トマトジュースではなく、野菜ジュースの中にリコピンが入っている物を選んで、βカロテンなどの他の野菜の栄養も一緒に取った方がまとめて栄養が取れてお得です。

 

本格的に栄養を取ろうと考えるなら、自宅でスロージューサーを使ってトマトと他の食材のミックスジュースを作って飲むのが1番おすすめです。

 

栄養を損なわず、酵素も破壊しないスロージューサーならではのジュースで、リコピンだけでなく他の栄養もなるべくいっぱい取れるからです。