動脈硬化対策に、スロージューサーで血液サラサラ効果ジュースを

スロージューサーでサラサラ効果の食材の栄養を最大限に搾り取り、動脈硬化を予防する

 

 

生活習慣病からの問題視されている動脈硬化。悪玉コレステロールや中性脂肪などが原因といわれています。

 

対策としては、軽い有酸素運動をしたり、タバコをやめたり、血液をサラサラにする物を摂取することが大事だといわれています。

 

血液をサラサラにすると、血液の循環が良くなるので、動脈硬化の他にも高血圧や他の生活習慣病の対策にもと良いことばかりです。

 

ここでは、血液をサラサラにしたり、動脈硬化に良いとされる栄養が入った食材を紹介し、それをなるべく最大量摂取することができるスロージューサーを紹介しています。

 

血液をサラサラにする食材はどれ?

動脈硬化を防ぐために必要な食材は以下のとおりです。

 

玉ねぎの硫化アリルケセルチン

 

ニンニクのアリシンメチルアリルトリスルフィド

 

トマトのルチンリコピン

 

レモンのクエン酸

 

ぶどうのレスベラトロールポリフェノール

 

オレンジのヘスペリジン

 

これらは血液をサラサラにする効果があるといわれています。具体的には血栓を防いだり、血管を拡張させたり、毛細血管を強くしたり、抗酸化作用によりドロドロからサラサラに変えたりと、それぞれ栄養効果が違うのでどうせならなるべく多くの種類を摂取したいですね。

 

これらの食材を使ってジュースを作り飲むことを習慣にして、動脈硬化対策に役立ててみてはいかがでしょうか?

 

効果の期待される食材をスロージューサーで最大量取る

 

そして意識して栄養を取るのなら、効果があるといわれるものをただ摂取するのではなくて、同じ量からでもなるべく多くの栄養を取る方法を行いましょう。

 

スロージューサーで搾り取ることで栄養を逃さず手に入れることができます。

 

高速で食材を切り絞り出すジューサーと違い、スロージューサーは低速で、切るのではなく少しずつすりつぶすことによって、食材の栄養を壊すことなくジュースにすることができるからです。

 

またジュースとして取ることで、吸収率も上がります。

 

つまり取れる栄養が多く、その栄養をしっかり体に吸収できるという事です。

 

適度な運動に加えて、血液サラサラ効果がある食材をミックスしたジュースを飲むことを、毎日の習慣にして動脈硬化対策をしましょう。