野菜不足の対策にもスロージューサーでジュースでなら摂取しやすい

自分だけではなく、子供など家族の野菜嫌い克服にもおすすめのスロージューサーです。

 

野菜がにがい、辛い、臭いなどで食べれない方が、問題なく摂取するためにもジューサーは有効に使えます。

 

ニンジンが食べれなくても、ジュースにするととても甘く飲みやすくなるようにです。

 

トマトの緑の所がダメな方もトマトジュースで飲めば、摂取しやすくなります。

 

食べると噛む、味を感じるとなるので、嫌いな野菜を数秒でも噛んで飲み込むのも我慢できなくても、ジュースにして飲み込んで終わりとなれば、噛むという1動作分省いている分、摂取するのが簡単になります。

 

ジュースにしても苦手な場合は、好きな物や果物など甘い物をまぜる

それでも苦手な方は、果物など甘い物を混ぜてしまえばより摂取しやすくなります。

 

子供だましのようですが、それで摂取できるよういなるのなら良いと思います。

 

他にも好きな食べ物、お菓子なんかも入れてみるのも良いかもしれません。

 

大事なのは、食べれなくても飲むのであればできる。

 

そしてそれを習慣化して、継続して野菜の栄養を摂取し続けて健康になっていくことができるようになることです。

 

ニンジンにトマト、玉ねぎ、小松菜など良い栄養がたっぷり入っているので、それをこれからの人生で摂取しないまま生活するよりは、ジュースにしてでも、少しでも摂取できる人生にした方が、健康的な生活を送れると思います。

 

にんにく、しょうがなどの薬味の野菜が苦手な方にも実はおすすめ

他にも栄養があるにんにくしょうがなど苦手な方にもジュースにする方法で、少量でも摂取した方が良いです。
苦手な物でも栄養があるものは、ジュースにしてまぜましょう。

 

ただしすりつぶしたにんにくと生姜は刺激が強いので、あまり入れずに少量にして入れましょう。

 

また入れる果物も工夫をして自分が飲んでみて問題ないようにしましょう。

 

野菜のベータカロテンやリコピンなどの栄養に加えて、にんにくや生姜などの殺菌効果や体を温める効果も味方にすれば、より健康に風邪などの対策にもなって、しんどい状態になる事を防ぐことができると思います。

 

お子様の野菜嫌いの克服にもジューサーを

お子様などの苦手の克服に使う場合、たとえばにんじんなら最初は果物や他の野菜と混ぜてわからなくしておきましょう。

 

慣れてきたらだんだんそのミックスジュースの中のにんじんの占める割合を増やしていって、少しずつ慣れさせるという方法がおすすめです。

 

わからないぐらいに少しずつ、果物のすりつぶす量を減らしていって気づいたらニンジンジュースになっていたというのが理想です。

 

食べることでも一緒ですね。ニンジンをケーキにしたりなど、他のその子の好きなものに混ぜるような感じで少しずつニンジンジュース100パーセントに近づけていきましょう。

 

苦手な野菜に混ぜる果物の選び方、市販の野菜ジュースの材料を参考にする

今まで果物を混ぜると良いというアドバイスをさせていただきましたが、何の果物を入れれば良いでしょうか?

 

身近にとても参考になるものがあります。

 

市販の野菜ジュースです。

 

野菜生活や1日分の野菜とかです。

 

野菜生活のオリジナルには、リンゴ、レモン、オレンジが入っています。

 

1日分の野菜にはレモンが、野菜1日これ一本にもレモンが入っています。

 

共通している果物はレモンですね。

 

市販の野菜ジュースと同様に、苦手な野菜を克服するためにジュースにする時には、レモンを一緒に絞ると間違いがない確率が最も高いと思います。

 

レモンの皮は硬いから搾るのが面倒なかたには、リンゴが一番おすすめ。

 

皮が柔らかいし薄いから、簡単に絞ることができます。

 

少し癖のある野菜とは、スロージューサーで他の食材を混ぜ合わせることによって、うまく付き合っていき重要な栄養をたくさん取れるようにして病気を少しでも遠ざけたいですね。