玉ねぎの健康に役立つ栄養と効能をスロージューサーで

玉ねぎの栄養のケセルチンが健康に大活躍

生活習慣病と闘うための玉ねぎの栄養の硫化アリルやケセルチンは、スロージューサーで皮の栄養も取れる。玉ねぎで血液サラサラ、血管も強化で動脈硬化を防ごう!
玉ねぎの栄養と効能のバナー画像

 

玉ねぎの栄養と効能

 

玉ねぎにはビタミンがあまり含まれていませんが、ビタミンBやCの吸収を助ける効能があると言われています。
ビタミンCやBが豊富に含まれている野菜と一緒に取り、少しでも、ビタミンを摂取しましょう。

 

他に玉ねぎに含まれている栄養として注目できるものとして、硫化アリルとポリフェノールのケセルチンがあげられます。

 

 

玉ねぎの硫化アリルの効能

 

玉ねぎには硫化アリルがたくさん入っています。
この効能は、血の固まりである血栓を予防したりして、血液をサラサラにする働きがあると言われています。
また悪玉コレステロールを減らす働きもあります。

 

硫化アリルは、動脈硬化の予防に大変役立つと思います。

 

 

玉ねぎのケセルチンの効能

 

玉ねぎにはケセルチンというポリフェノールも含まれています。

 

ケセルチンは、ポリフェノールなので、まず強い抗酸化力があります。
他にも

  • 血流の改善
  • 抗癌作用
  • 筋肉の減少を抑制
  • 骨粗鬆症の予防
  • 脂肪の吸収の抑制

など至れり尽くせりです。

 

糖と一緒になると吸収が良くなるので、ケセルチン配糖体として、伊右衛門の特茶に含まれていまね。

 

 

玉ねぎの皮にたくさんケセルチンが含まれている

玉ねぎの画像

 

ケセルチンは、玉ねぎの皮の部分の方が身の部分より多く含まれています。
皮も料理に使って一緒に食べるようにしましょう。

 

食べにくい場合は、スープや野菜ジュースにして飲むのがおすすめです。

 

 

一番多くの栄養が取れるスロージューサーの野菜ジュース

 

皮ごと搾り取って、さらにもともとの栄養を壊さないで野菜ジュースにするには、スロージューサーのような低速ですりつぶすタイプでないとダメです。
高速のジューサーやミキサーなどの刃物で玉ねぎを切り裂くと、栄養を破壊してしまい最大量の栄養を摂取することができないからです。

 

スロージューサーなどを使って一番玉ねぎの栄養のある、皮の部分の栄養を取り健康値を上げて、生活習慣病などを予防しましょう。