イソチオシアネートをスロージューサーで

大根のイソチオシアネートと酵素を調理方法に気を付けて取ろう

大根には食物繊維に酵素、また大根おろしにした時にしか取れない特殊な栄養があります。
大根の栄養の理解を深めて、栄養を取り逃がさないようにスロージューサーなどを使いましょう。
大根の栄養と効能のバナー画像

大根の酵素は3つもある

 

大根には役に立つ酵素が3つもあります。

  • アミラーゼ
  • プロテアーゼ
  • リパーゼ

の3つです。

 

消化に関係する酵素がたくさん含まれているので、代謝を高めることができます。これを利用して痩せる大根ダイエットがあります。

 

せっかくの酵素ですが、温めると酵素が壊れるので、煮物や温かいスープはダメなので、ジュースに混ぜてしまうのがおすすめです。

 

大根単体のジュースはあまりお勧めできませんが、他の野菜や果物を混ぜれば飲みやすくなります。
飲みやすくおいしい大根入りジュースを作って、大根の酵素を残さず摂取しましょう。

 

 

イソチオシアネートの栄養を取らなきゃもったいない

 

大根に含まれるイソチオシアネートという栄養には、体の病気を予防する効果があると言われています。

 

具体的には

  • 癌の予防
  • 血液をサラサラにして生活習慣病の予防・改善
  • 活性酸素を減らす、抗酸化作用

など至れり尽くせりです。

 

この大変便利なイソチオシアネートですが、この栄養は、そのまま食べたのでは摂取できないです。

 

大根をすりおろしたとき、つまり大根おろしで摂取できる栄養なので、必ず大根はすりおろして食べましょう。

 

 

皮にも葉にも栄養が豊富

大根の葉と皮の栄養のバナー画像

 

大根もに多くの栄養が詰まっています。また葉っぱの部分にも栄養があるので、捨てるのはもったいないです。
皮ごと大根おろしにして食べることをお勧めします。

 

大根の酵素にイソチオシアネートに皮に葉っぱスロージューサーで簡単調理できる

 

酵素を取るには煮物はダメなので、生で食べるしかないです。
またイソチオシアネートも取るには、大根おろしにして食べるしかないです。
皮にも栄養があるので、皮ごと大根おろしにしたり、生で食べたり、葉っぱも栄養をしっかり取るには食べたいところです。

 

毎日続けるには、余程の大根好きでないとかなりの根気が必要ですね。

 

おすすめはスロージューサーで調理することです。

 

スロージューサーなら、酵素や栄養を破壊しないので、酵素、イソチオシアネート、皮、葉の栄養を漏れなく取れます。
また他の野菜や果物と合わせて、ミックス野菜ジュースにすれば、組み合わせを楽しめ、毎日の習慣として定着しやすいのでお勧めです。